すみなすものは心なりけり

住宅業界からCMRに転職。日常の思ったことや、趣味の音楽・映画・自転車・インテリアのことなどを綴っていきたいと存じます。

《恥知らずのパープルヘイズ》フーゴのイメージが大きく変わる良作!

こんばんは。

 

今日は休日でしたので、近所の本屋さんに向かいました。

お目当は2冊の本。

 

1冊は先日発売になった「左利きのエレン」の第4巻。

もう1冊が以前から気になっていた「恥知らずのパープルヘイズ」

 

残念ながらエレンの方は取り扱いがないみたいで、

検索までしたのだが、「在庫なし」との事。

 

そこで「恥知らずのパープルヘイズ」だけレジに持って行き、会計。

そのまま併設されていたタリーズに入り、読み始めました。

 

f:id:sham0ji:20180806001736j:plain

ジョジョ作品はこれまで、第1部〜7部のスティールボールランと、8部のジョジョリオンの途中まで読んでました。

 

今回の小説は5部のその後を描いた作品。

物語の途中で仲間から外れたフーゴが主人公。

 

結論から言うと、むちゃくちゃ面白かった!面白すぎて止まらずにタリーズで読破しました。

 

作者は荒木先生ではないのですが、どうやら無類のジョジョ好きの小説家の方らしく、まったく違和感なく読めました。

 

ところどころに散りばめられた本作を連想されるにくい演出や、何より一人残されたフーゴの心情を丁寧に描いており、非常に完成度の高い作品となっております。

 

「小説?ジョジョはあの絵があってこそだろ」

 

と、私自身思っていたのですが、

まさかこんなにハマるとは。

 

とにかく、第5部好きな方は間違いなく読んでほしい1冊となってます!

 

ちなみに今回文庫版を買ったのですが、

ハードカバー版の表紙の方が個人的に好みです。買い直そうかな。

 

f:id:sham0ji:20180806003013j:plain

ハードカバー表紙。

 

5部のアニメ化も決定したそうで。

待ち遠しい〜